総量規制対象外のカードローンの審査

 

カードローンは、貸金業者が提供するサービスの場合には、総量規制の対象となります。つまり、年収の三分の一が上限となります。ただし、おまとめローンの場合には、消費者金融のサービスであっても、総量規制と言われているものではない融資となります。つまり、その場合には最高額が上限を超えているという場合でも、その最高額の融資を受けられる可能性はあります。ただし、あくまでおまとめローンであるため、融資を受けられるのは他社利用分ですし、返済は消費者金融業者が直接振り込んで返済をしますので、自由に使えるわけではありません。それに、おまとめ目的であっても審査はありますので、必ず利用できるとも限りません。

銀行の提供するカードローンは、総量規制対象外です。総量規制は貸金業者を対象としているため、それに当たらない銀行のカードローンサービスは年収の三分の一以上の融資を受けることができる可能性があります。ただし、この場合も、審査に通るかどうかは別問題という点には注意が必要です。銀行も審査に当たってはスコアリングを導入しています。スコアリングとは、いろいろな項目に点数をつけて、それが高いか否かで融資の決定をする方法です。そのため、スコアリングが低い場合には、融資は受けられません。

以上のように、カードローンは総量規制対象とそうではないところの二つがありますが、対象外だからと言って、融資が受けられるかどうかとは関係がない点には注意しましょう。